はじめに

近年、がんに対する治療の進歩によって、多くの患者さんが病気を克服することができるようになっています。しかし、治療の内容によっては、卵巣や精巣など将来の妊娠に関わる臓器の機能が低下し、子どもをもつことが困難になることがあります。このようながん治療に伴う生殖機能の低下とその温存方法についても理解したうえで、治療の選択をしてほしいと私たちは考えています。
このページでは、大阪府でがん治療を受ける患者さんや治療を提供する医療者に向けて、妊よう性*や生殖機能の温存治療について相談したいときや、実際に治療を受けるときに、どこの施設に問い合わせればよいかを紹介します。
*「妊よう性」とは妊娠する力のこと

News

2018/2/9 New
【2017年12月3日】大阪がん・生殖医療ネットワーク設立記念講演会・交流会
2018/2/9 New
妊孕性温存治療に関するアンケート結果
2018/2/9 New
【2017年5月18日】第2回大阪がん・生殖医療ネットワークキックオフ会議
2018/2/9 New
【2017年2月2日】大阪がん・生殖医療ネットワークキックオフ会議
2018/2/9
ホームページを公開いたしました
ページのトップへ戻る