大阪がん・生殖利用ネットワーク設立記念講演会・交流会

【2017年12月3日】大阪がん・生殖医療ネットワーク設立記念講演会・交流会

JCHO大阪病院会議室にて開催されました。今回は77名の参加者のうち、がん・生殖医療に携わる医師・看護師以外に大阪府の健康医療部や府議会議員など多くの職種の方に来ていただきました。

まず大阪がん・生殖医療ネットワークの設立を記念して、聖マリアンナ医科大学の鈴木直産婦人科教授より「本邦におけるがん・生殖医療の現状と問題点―医療連携ネットワークを志向して」という題名で講演がありました。

次に「乳がん診療の現状と今後の展望」について国立病院機構大阪医療センター乳腺科の増田慎三科長が講演されました。

休憩をはさみ、「これまでの活動について」本ネットワークのあゆみと2回のアンケート結果が示されました。

講演会終了後は、参加者が互いに日々の診療で困っていることや、乳がんや妊孕性温存治療に関する疑問点を相談しながら親ぼくを深める会がありました。あちらこちらで笑い声が聞こえる和やかな場となりました。

大阪がん・生殖医療ネットワーク設立記念講演会・交流会
ページのトップへ戻る