地域(二次医療圏)を選択してください。
※ 大阪市を選択した場合は、その後市北部、市西部、市東部、市南部から絞り込んでください

※ 下記二次医療圏に該当する市区町村一覧はこちら

医療圏を選択してください

大阪市
豊能
三島
北河内
中河内
南河内
堺市
泉州

医療圏

医療圏を選択してください

地域を選択してください

市北部
北区、都島区、東淀川区、旭区、淀川区
市西部
阿倍野区、平野区、住之江区、西成区、住吉区、東住吉区
市東部
中央区、生野区、天王寺区、城東区、浪速区、鶴見区、東成区
市南部
福島区、港区、此花区、大正区、西区、西淀川区

項目を選択してください

  • + すべて開く
  • - すべて閉じる
  • × すべての選択を解除

病院概要

【1】病床数
【2】職員数職種別内訳
【3】その他
【4】患者数
【5】麻酔及び手術等の状況(平成29年4月1日~7月31日)
【6】放射線治療
【7】がんに係る化学療法(平成29年4月1日~7月31日)
【8】検査等の実施状況

診療機能

【9】集学的治療等の提供体制および標準的治療等の提供
全施設:はい
我が国に多いがん(肺がん、胃がん、肝がん、大腸がんおよび乳がんをいう。以下同じ。)およびその他各医療機関が専門とするがんについて、手術、放射線治療および化学療法を効果的に組み合わせた集学的治療および緩和ケア(以下「集学的治療等」という。)を提供する体制を有するとともに、各学会の診療ガイドラインに準ずる標準的治療(以下「標準的治療」という。)等がん患者の状態に応じた適切な治療を提供している。
【10】手術療法の提供体制
【11】放射線治療の提供体制
【12】化学療法の提供体制
【13】緩和ケアの提供体制
【14】病病連携/病診連携の協力体制
【15】セカンドオピニオンの提示体制

診療従事者

【16】専門的な知識および技能を有する医師の配置
【17】専門的な知識および技能を有する医師以外の診療従事者の配置
【18】その他

医療施設

【19】専門的ながん医療を提供するための治療機器および治療室等の設置
【20】敷地内禁煙等
【21】その他

診療実績

【22】診療実績

研修の実施体制

【23】研修の実施体制

情報の収集提供体制

【24】相談支援センター
【25】院内がん登録
全施設:はい
国立がん研究センターによる研修を修了した専従の院内がん登録の実務を担う者を1人以上配置している。
【26】その他

臨床研究および調査研究

【27】臨床研究および調査研究

都道府県拠点病院の診療機能強化に向けた要件

【28】都道府県拠点病院の診療機能強化に向けた要件

特定領域がん診療連携拠点病院の指定要件について

【29】特定領域がん診療連携拠点病院の指定要件について
ページのトップへ戻る